どーも、トシヤです(^O^)/







前回、粘着ピストンを使った隠しネザーゲートを作りましたが、そのせいで早くもスライムボール不足に陥りました(ー ー;)





そもそもスライム数匹分のスライムボールしか持っていなかったですからね^_^;





というわけで、今回からはスライムボールを効率よく集めるための施設、そう…





"スライムトラップ"を作っていきます(・ω・)ノ!







その前に、まずはスライムの湧き条件について軽く触れます。





マイクラの世界は、"チャンク"という広さ16×16ブロックの固まりで構成されています。





そして、ワールドを構成するチャンクの中に、"スライムチャンク"というスライムの湧くことができるチャンクがランダムで点在しています。





逆に、スライムチャンク以外ではスライムは湧くことはないので、スライムトラップはスライムチャンク内で作る必要があります。
(ただし、湿地に限りスライムチャンクに関係なくスライムが発生します。)





なので、トラップを作る前にまずはスライムチャンクを特定しなくてはなりません。





PC版だと、スライムファインダーというサイトでスライムチャンクを探す事ができますが、PE版には対応していないので、自力で特定するしかありません。







そこで、まずは地図を作ります。









村の適当な場所で作成(・ω・)ノ





今回はコンパスを使って作ったので、自分のいる位置が白い印で表示されていますね。





何故地図を作ったのかというと、チャンクの角を探すためです。





地図は、作成した地点を含む8×8のチャンクが表示されるので、地図の角がチャンクの角ということになります。





角が1つ分かりさえすれば、そこからマスを数えてチャンクの区切りを把握することができるというわけです( ^ω^ )







左下の角の地点までやってきました。










一番最初の拠点にしていた家の前、この白い羊毛を置いている場所が角になります。





ここでもう一つ、押さえておくべきポイントが、スライムは"高さ40以下にスポーンする"ということ。





つまり、トラップは地下に作っていくことになります。









ベランダの下に丁度いいスペースがあるので、村人が入れないようにして、ここから穴を掘っていきます。







もちろん直下掘りは危険なので螺旋状に(・ω・)ノ







岩盤が見えたらストップします。







チャンクの角に目印を付けて、仮の湧きスペースを掘っていきます。







このように、チャンク毎に目印を付けるようにしておくと分かりやすいですね( ̄▽ ̄)
(この時、何故か8×8で印を付けてしまっていますが正しくは16×16なのでお間違えのないように^_^;)






まずは1チャンク。





ドンドンいきます!









途中鉱石を見つけたら、シルクタッチでしっかり回収しておきます(・ω・)ノ







2×2の4チャンク分掘りました。





とりあえず今回はこの辺にしておいて、スライムが湧くかどうかチェックします。







スライムは自分から24〜128マス離れた場所にスポーンするので、横穴を掘ってしばらく待機。





しかし…







待てど暮らせどスライムは現れず…(ー ー;)





どうやらこの4つのチャンクにはスライムチャンクは含まれていないようですね。







とまあ、しばらくはこんな感じでスライムチャンクを探す作業をやっていきます(・ω・)ノ





記事にしても退屈なので早めに見つかるといいんですが…^_^;







また次回(^^)/~~~