どーも、トシヤです(^O^)/







今回は、前から楽しみにしていた要素に触れていきます。





それは…







はい、粘着ピストンでございます。





PEに実装されたのは大分前の話なので、今更細かい説明はいらないと思いますが、簡単に言うと動力を送ることでブロックを押したり引いたりできる代物です( ^ω^ )





自動ドアや隠し扉によく使われますね。







ゆっくり村のネザーゲートは自動で切り替えができるようになっていますが、ご覧の通り黒曜石がむき出しになっています。





今回は粘着ピストンを使って、更に上手くゲートを隠せるようにしていきます。







まずは作り方の説明から(^O^)/







まず、ネザーゲートを作ります。







そしてゲートから2マス離した所に、ゲートの空いた部分と同じ大きさの壁を作ります。









そして、ピストンを持って壁をタップし、ゲート側向きに粘着ピストンを設置。







さらに粘着ピストンにブロックを貼り付けて、このような状態にします。





今度は裏側に回り、回路を作っていきます。







最初に作った壁を、真ん中の列だけ削ります。







そして空いた空間にレッドストーン、







手前にブロックとリピーターを設置します。







あとはこのように動力を送れるようにすれば、完成です。









スイッチを入れてゲートがブロックで埋まるようになっていれば、OKです。







次に、これを自動ネザーゲートの回路と連動させていきます。







以前作った試作品を改造します。


(自動ネザーゲートの仕組みについてはこちら↓)








まずは、ゲートの裏側に先ほど作ったのと同じものを取り付け。









そして上にある回路の途中の部分を、下に伸ばしていきます。







しかし、普通に繋げただけだと、ネザーゲートがONになった時に壁が押し出されることになるので、隠し扉の意味を成しません。







そこで、途中にレッドストーントーチを挟んで信号を逆転させます。





これで、普段は壁が押し出された状態になり、ネザーゲートが起動すると引っ込むという動きになります。





実際に動く様子をご覧ください↓

(画像をタップするとGIF画像が開きます)





問題なく動いていますね( ^ω^ )





ここで気をつけてもらいたいのが、ピストンとゲートの作動するタイミングです。





私の回路は、たまたまただ繋げただけでタイミングがピッタリ噛み合いましたが、タイミングが合わないと全体が上手く動作しなくなってしまいます。





順番で言うと、OFF→ONの時は"ピストンが引っ込んだ後にゲートに着火"、ON→OFFの時は、"ゲートを消火後にピストンを押し出す"です。





回路の組み方は人それぞれだと思うので上手くタイミングが合うように調整して下さい(^O^)/









というわけで、村に実際に作りました(^O^)/







通常はこんな感じ。





一見ただの行き止まりですが…







ワイヤーを通過すると、壁が引っ込みネザーゲートが姿を現します。





うん、いい感じです( ̄▽ ̄)





やっぱり隠し扉はロマンがあっていいですね!







まだまだ触れてない新要素がたくさん溜まってるので、早く色々とやってみたいです( ̄▽ ̄)







また次回(^^)/~~~